FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M-1グランプリ
M-1を、わざわざ午後の3時半からという
中途半端な時間から始まった直前スペシャルをビデオに
録る程楽しみにしてたのはどこのどいつだ~い。
(にしおか風に読みましょう。)


私だよ!!


年に一回のお笑いの格闘技ですもん。
そりゃあお笑いファンの私としては、血が煮えたぎる訳ですよ!
今年はバッチシ、ビデオにも録ったしね!!
しかも今年は、去年を上回る4000組以上の応募があったらしくて。

変ホ長調が受かったということで「素人でも頑張ればいける」
という、かんちが・・・いえ純粋なお笑いファンが増えた
ことが大きく影響してるみたいです。
まぁ世の中お笑いブームでもあるしね。

でも、私はモテたいからお笑いやりたいなんて
人はキライです。
動機がそれで、やってるうちに面白くなってそのうち
マジになるってんなら話は違うけど。


どの世界もそうだけど


そんなに甘いものじゃないとないと思いますよ。


それで例え、売れたとしても、あっという間に後輩の若い、お笑い
に対する情熱を持った若者に足元救われると思います。
まぁお笑いに限らず、芸能界がそういう世界だと思ってるんです。

芸能界っていうか・・・まぁ物づくりの世界がね。
結局実力のあるものが上にいく。
だから、それ相応の覚悟と、いかに自分の魂(心というより
魂ですね)をかけれるかで、差が出ると思います。
まぁ、頑張っても、頑張っても上に行けない人は
山のようにいますが。それがお笑いの世界の厳しさなのかな
と私は思ってます。


なんなんですか?キリンの川島さんのあのオーディション
に落ちた時の間の抜けたコメント。正直、キリン(悔しいから
カタカナで呼んでやる!!)には期待してたのでがっかりしました。



「だって僕キリンですよ?」



なんていうか、天狗になってんの丸分かりですよ。
M-1常連組になってたから、ちょっと気が緩んでたのかもしれない
ですけど、スピードワゴンの小沢さんが言ってたように
M-1は「気持ちの強さ」が出ると思うんです。
やっぱり、「行きたい!!受かりたい!!」っていう
強い気持ちが無ければやっぱり、観衆をひきつける漫才って
出来ないんじゃないですかね。

キンコンの梶原君なんか、合格の知らせを聞いて涙を流して
ました。



私はそれを見ていて

「頑張ったんだねぇ、良かったねぇ」

と何故か大阪のオカン目線になってましたが(笑。




で、肝心の本戦ですね。



私は正直、ダークホースは、キングコングか
ハリセンボンだと思ってました。
っていうのも、正直私初めはハリセンボン嫌いだったんですよ。
なんか吉本の圧力がかかってて仕事貰えてるみたいな
噂を聞いたもので。



若手が頑張ってるのにふざけるなと。



でも、なんか二人とも一生懸命なんですよね。
二人が個々のキャラを割り切って笑いに繋げてるのも
凄いし、なんか、お笑いに対する情熱があったから
ここまで勝ち進んだんだろうから、漫才もきっと
質がいいものを見せてくれるんじゃないかなと。



今は二人とも好きですよvv



キンコンは・・・・・・単純に私が二人の漫才が
好きなだけなんですけど(笑。
なんていうか、二人のテンポのいい掛け合い
やスピード感が見る方を轢き付けると思うんです。

あくまで私が今まで漫才を研究してきて
出した結論なんですが、ホントに笑いを
産む漫才っていうのは



①二人の息があったテンポの良さ
②(勿論)ネタの面白さ
③意外性
④今までに無い個性(キャラですね)
⑤観客を最後まで飽きさせない



この五つが出来る漫才師ではないかと思うんです。
素人が偉そうに語ってスイマセン。
分析とお笑いが大好きなんです!!あと、オチも大事ですよね。
で、キンコンの場合この5つ全てに該当
するんじゃないかと思った訳です。

それにキンコンの場合、これにスピード感が
加わります。
新しい漫才の形態だし、何より
⑤の要素が強くなる。
スピード感が増すってことは、客も無意識に
引き込まれてしまうってことですから。

漫才師がダラダラ、ネタやってたら、何か別のこととか
考えてしまいますね、私の場合。




まぁ、それぞれスタイルもあると思うんですが
ポイズンは・・・可哀想だけど、M-1で戦うには
ちょっとキツイだろうなと思ってました。

いや、この二人の漫才、斬新だし、面白いとは
思うけど・・・上の5つに当てはまらないコンビは
キツイかなと。




でも、見事に私の予想は覆された訳ですが。
いや、でもこういう裏切り、結構私スキです。




サンドウイッチマン優勝おめでとう!!



(ウを入れ忘れててごめん(^^;))
正直ノンスタに這い上がって来て欲しかった気持ちも
ありますが・・・。う~ん、でも彼らはエンタの頃から光る
ものがあって注目はしてたんで、ちょっと納得かなと思って見ては
いたんですが。


ネタも短い間であんな質の高いのを良く二人で作り上げたなと。


残念だったのは、ハリセンボンとキンコンのネタかぶり。
それに加え緊張してたのか、梶原君が若干固くてそれが客席にも
伝わってしまいこういう結果が産まれたのかなぁとも。
ネタもひたすらてんどんだったしなぁ。

一本目は調子良かったのに。
ショップ店員のネタ好きでしたよ。
ああゆうのが見たかった。
頭にハゲが出来る程頑張ったのに・・・。
おばちゃん悲しいわ、梶原くん・・・。(誰)
でも、審査員の出した結果が全てですからね。

でも是非来年もエントリーして、キンコン本来の
型にはまらない自由でのびのびとした漫才が私は見たいです。
でも、あの重圧の中、それは難しいのかな。
あんなにビビってる梶原君見るの初めてでしたよ。




しかし、今年驚いたのはトータルテンボスの成長!!
凄い!去年と非にならない!!もしかして優勝かと
思いましたもん。彼らにはきっと「努力」っていう
才能の神様がついてるんだと思います。
努力し続けることだって、立派な才能ですよ。

お笑いの世界は厳しくて投げ出す人が
殆どですから。是非頑張って貰いたいです。




にしても敗者復活の中から優勝したのは彼らが初めてだそうです。
優勝予想、当てた人いるのかなぁ(^^;。
優勝トロフィー受け取る時、完全二人共目が泳いでました(笑。
審査員にオール巨人さんとか大御所が多かったのも正統派漫才が
受け入れられた証拠なんでしょうね。

余談なんですが、オートバックスのCMでチュートの漫才が沢山
見れて喜んでたのは私だけでしょうか?
スポンサーサイト

Extra

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

夏花

Author:夏花
性格:分析好きの変わり者。
   そしてA型の癖に大雑把。
   マイペースで自分の
   世界を大切にし、でも
   周りに置いてかれるのが嫌な
   めんどくさいタイプ。
   (自分で言う。)
   
   漫画、お笑い、音楽をこよなく
   愛してます。
   
   ★好きなアーティスト
   BUMP OF CHICKEN
   YUI、Aqua Timez
   
   ★好きな芸人
   NONSTYLE、
   ラーメンズ、チュートリアル
   フルーツポンチ、カナリア
   ラバーガール

   ★好きな漫画家
   矢沢あい、椎名軽穂、
   津田雅美、酒井まゆ、
   春田なな、CLAMP
   羽海野チカ、田中メカ、
   緑川ゆき、ふじもとゆうき
   望月花梨、久保帯人、
   日向武史、小畑健、
   安田剛士etc・・・

   ★好きな作家
   JKローリング、コナンドイル

   基本的にコメントは
   受け付けていません。
   管理人に、メッセージが
   ある時は
   拍手ボタンをクリックして
   頂いて、そこからコメント
   頂けると嬉しいですvv
   返事は必ずします!!

   荒らし対策ですので、
   ご理解頂けると
   嬉しいです。

   ★こちらにアップされている
   イラストや詩等の無断転載
   は禁止させて頂きます。   

★プロフィール作成してみました

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR] ダコタ 財布
miumiu 長財布 ロレックス ミッキー リズ リサ ワンピース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。